Admin New entry Up load All archives

日々の新しき出会い

気の向くままに・ぶらり京の街散策・・・

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

CM: -- TB: --   

神戸・メリケンパーク辺り・・ 

神戸メリケンパーク
メリケンパークは1987年(昭和62年)に神戸開港120年を記念して、メリケン波止場と中突堤を埋め立てて造られた臨海公園で、広さは15.6万平方メートルもあり、甲子園球場の約4倍も有るそうです・・

神戸ポートタワー
神戸ポートタワーは1963年(昭和38年)、神戸開港90周年を記念して建造されました。
タワーの後方には六甲山、ホテルオークラが聳え立ってています・・


対岸から帆船の帆を挙げながら湾内遊覧船が出港です・・


復元帆船「サンタマリア号」の後方には・・白亜の殿堂メリケンパークオリエンタルホテルが・・


幾何学的な海洋博物館のお屋根の向こうに見るポートタワーも素敵です・・


ひときわ目立つ「オルタンシアの鐘」・・


神戸海洋博物館
120周年を記念して1987年(昭和62年)に開館しました。


神戸は千数百年の昔から中国大陸や朝鮮半島との交易の窓口として栄えてきた港町です。
1867年(慶応3年)、神戸港は世界に向けて開港され、外国人居留地や船着場が造成され、メリケンパークの前身であるメリケン波止場が作られました(冊子より参照・・)

映画発祥の地と言われている神戸メリケンパーク石の額縁で出来たモニュメントが有り其の中から窺う風景が
映画のスクリーンの様に見立てられて居ました
<
(マウスオンで2枚の画像を・・)

公園の彼方此方にも大勢の人々が~~
<
(マウスオンで2枚の画像を・・)

<
(マウスオンで2枚の画像を・・)

<
(マウスオンで2枚の画像を・・)

「神戸港震災メモリアルパーク」


メリケンパークの一角に今も残る阪神・淡路大震災の生々しい傷跡 ・・
崩壊したメリケン波止場を保存した震災モニュメントして保存されていました。
<
(マウスオンで2枚の画像を・・)

 

category: 日記

CM: -- TB: --   

神戸・南京町・・ 

神戸南京町・・
神戸中央区の元町と栄町に挟まれたエリアに在しJR・阪神元町駅東西約270m・南北110mの範囲に100を超える中華風の意匠を特徴とする店舗が軒を連ねています。日本三大中華街の一つでもあります 冊子より参照・・

今年始めての遠出で神戸南京町へ・・
異国情緒の有る「南京町」春節祭には少し早かったのですが・・
メリケンロード側から入る「長安門」をくぐるり振り返るとビル街の建物が・・画像マウスオンでご覧下さい

<
(マウスオンで2枚の画像を・・

南京町広場の様子・・此の後暫くすると大勢の人々で大賑わいです


中華街のの様子・・

笑顔の素敵なお優しいおじ様がモデルに成って下さいました。
< < < < <
(サムネイルにマウスを・・)

彼方此方からモクモク湯気が上がり・・トッテモ美味しい匂いが~~


<
(マウスオンで2枚の画像を・・)

湯気の向こうには可愛いブタさんやパンダさん美味しそうなぶたまんが勢ぞろいで~す
< < < < <
(サムネイルにマウスを・・)

周りはカラフルな色彩のお飾りでイッパイです


マンホールの蓋にも・・中華街独特の雰囲気が窺われます
<
(マウスオンで2枚の画像を・・)

看板や柱に施された彫刻・・
<
(マウスオンで2枚の画像を・・)

長安門とは向かい合った位置に有る「西安門」
<
(マウスオンで2枚の画像を・・)

始めて訪れた神戸の南京街・・ 彼方此方で飛び交う中国語・・異国情緒たっぷり・・
良い匂いに食欲をそそられ思わず童心に返り「豚まん」を頬張りながらの散策と成りました。

category: 日記

CM: 10 TB: --   

新年おめでとうございます 



明けましておめでとうございます


 皆様佳き新年をお迎えの事とお慶び申し上げます

本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます
 
平成25年元旦



 

category: 未分類

CM: 10 TB: --   

日向大神宮(京のお伊勢さん)・・ 

日向大神宮(ひむかいだいじんぐう)・・(日向大神宮は“京のお伊勢さん”とも呼ばれています)

京の伊勢として・・ 京都最古の宮で、古くは日向宮、日向神宮、粟田口神明宮、日岡神明宮とも称し 社殿は
神明造で、内宮、外宮が奉斉され「京の伊勢」として名高く 昔は東海道を往来する旅人たちの道中の安全祈願、
伊勢神宮への代参として多数参拝がありました
神社の入口の一の鳥居のところが粟田口(京の七口の一つ) に当たり、弓屋、井筒屋、藤屋という京では有名な茶屋があって、旅人たちの送り迎えが 行われ大変賑わったそうです(冊子参照)

一の鳥居を過ぎ登り口を少し行きますと浄水場(インクライン)が目に入ります・・
<
(画像にマウスを・・2枚の画像が・・)

水辺を右手に眺めながら二の鳥居をくぐり細い参道を約10分位歩みます


三の鳥居の向こう大きな巨木に囲まれた木立の中、外宮・・ 其の奥一段高く成った鳥居の向こうに・・内宮(上ノ本宮)が・・


厳かなげ雰囲気の「外宮」「内宮」・・をマウスオンクリックで・・
<
(マウスオンクリックで3枚の画像を・・)



境内では、色とりどりの木々の紅葉を楽しむ事が出来ました
< < < < <
(サムネイルにマウスを・・)

見上げる様な古木・・山道が続きます・・

本宮参道の途中で見かけた「天岩戸」・・
境内にある天の岩戸をくぐり抜けると 罪穢れが払い清められ、
福を招くといわれ 「ぬけ参り」と呼ばれています。


池の水面を染める散りモミジと・・可愛い一片の散り姿・・
<
(マウスオンで2枚の画像を・・)
(UPするのが少し遅く成りました事お許し下さい・・)


少し早いですが・・今年のブログ納めとさせて頂きます
今年一年色々お付き合い頂き有難うございました・・m(__)m

みなさま素敵な新年をお迎えに成って下さいませ・・

来年も宜しくお願い致します・・「はな」

category: 名所、社寺仏閣

CM: 8 TB: --   

西本願寺の大イチョウ・・ 

真っ黄色に紅葉した「大イチョウ」ご門の屋根に映えます・・


本堂や御影堂前の大イチョウは今年も綺麗な黄葉を見せてくれました。
< < < < <
(サムネイルにマウスを・・)

京都市指定の天然記念物「大イチョウ」・・
根っこを天に広げたような形から「逆さ銀杏」とも呼ばれる樹齢約400年の大銀杏は、
京都市の天然記念物に指定されています。
本願寺に火災があった時、この銀杏から水が噴き出して消し止めたという伝説から、
「水吹き銀杏」とも呼ばれています。(冊子参照)


境内の東南に有る国宝「飛雲閣」・・
非公開なので中の様子を窺い知る事が出来ませんが塀越しに見える素晴らしい「梵鐘」・・
チョット背伸びして覗き見致しました。


<
(マウスオンで2枚の画像を・・)



大きなハスの蹲から清水が滴り落ちます・・




UPするのが遅れ今ではもう随分散り始めておりますが~~ご容赦下さいませ・・ご覧頂き有難うございます

category: 名所、社寺仏閣

CM: 8 TB: --   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。