Admin New entry Up load All archives

日々の新しき出会い

気の向くままに・ぶらり京の街散策・・・

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

CM: -- TB: --   

駒井家・・夏の文化財特別拝観・・ 



駒井家住宅・・

遺伝子学者の駒井卓博士の邸宅として1927年のに米国人の建築家ウイリアム・メレル・ヴォーリズの設計による
大正末期から昭和初期の洋館の代表作で、(京都指定有形文化財です)
桜並木が有る白川疏水に面した30m四方の敷地の西寄りに建てられ比叡山が一望される
高級住宅街の一角に其のお屋敷が有りました。

↑の画像中のpointa.gif ポイントをクリックを・・再度クリックして頂くと大きな画像が閉じます・・

アメリカン・スパニッシュ様式を基調とした意匠で屋根は切り妻屋根赤色桟瓦葺で、
外壁はモルタルのスタッコ仕上げ洋風住宅の一角に和室を加えた折衷間取りと成っていました

居間の電気の笠には・・波に千鳥が~~


室内外で使い分けられるドアノブ・・
表向きには淡いパープルなノブ・・内様には透明ノブ・・
<
(マウスオンで2枚の画像を・・)

玄関・・ スパニッシュを基本にした半径アーチの飾り窓・・


階段ホールに設えられた窓・・夕日が差し込むと窓のステントガラスに差し込む光が
見事な黄金色へと変化し辺り一面、黄金に~~


博士の書斎・・当時は、サンルームから眺める東山の緑や比叡山、素晴らしい景色が一望出来たそうです・・
(今では、周りに建ち並ぶ家並みの為随分景色も変わりましたが・・)
<
(マウスオンで2枚の画像を・・)

まぁ~るいお勝手口木戸の向こうには緑も鮮やかに映え見えます~~


近代風なお台所・・ 調理台の上には円形の大理石・・パンを捏ねるのに使われていたとか・・

お屋敷内庭園には、季節ごとに彩る花壇・・素敵な和室や離れ、タイル張りのハイカラな洗面所、
屋根裏には引き下ろし階段による収納庫,別棟には温室や洗濯室等など目を見張る優美なデザイン建築の数々
すっかり虜に成りながら駒井家を後に致しました。

       

category: 名所、社寺仏閣

CM: 16 TB: 0   

コメント

michioarukuさまへ

michioarukuさま、こんにちは・・
北白川疏水畔に建つ瀟洒なハイカラな建物・・
(大正末期から昭和初期に建てられたなんて想像も出来ません)
周囲の緑にどっぷりと溶け込み直ぐ目の前には比叡山の雄姿が~~

京都市の指定有形文化財として
今も大切に保存されている事がトッテモ嬉しいです
ご覧頂き有難うございます

「はな」 #mlJwEkag | URL | 2011/09/05 13:06 - edit

★道楽★さまへ

★道楽★さま、こんにちは・・
大正末期から昭和初期の洋館の代表作として
市の指定有形文化財に指定されています駒井家

アメリカン・スパニッシュ洋式の洒落た建築物
随所に用いられている半径アーチの窓枠等など・・
現代でも通用する洒落たものばかり
余りの素晴らしさに感動の一時を過ごす事が出来ました。

「はな」 #mlJwEkag | URL | 2011/09/05 12:56 - edit

素敵な洋館

京都には素敵な洋館も残っているんですね。
比叡山が一望できる場所に立てられているんですね。
窓からの緑の眺めも良いですね。

michioaruku #- | URL | 2011/09/04 19:39 - edit

こんにちは~

駒井家住宅、大正ロマンを感じさせてくれる素晴らしい建築ですネ。
特にアーチ型のウインドーはモダンでロマンチック!
キッチンでは今に通じるシステムキッチンらしき・・・・
驚きです!
そして至る所に細やかなセンスの良い細工が施されて・・・
流石、文化財指定ですネ!
でも実際に住めば手入れも大変そうですが・・・・
って事で、今日も Happy ! Bye. v-221

★道楽★ #p9EjBqa2 | URL | 2011/09/04 12:00 - edit

コスモスさまへ

コスモスさん、こんにちは・・
台風の余波は大丈夫でしょうか?
此方は思いの外大丈夫で時々雨や風が吹くぐらいで~
まだ之からやって来るのかしら??など暢気な事です

昭和初期の優美なデザインの駒井家・・
彼方此方に見るスパニッシュ様式を取り入れ
現在にも十分通用する見事な佇まいでした。
ハイカラな奥さま、あの素敵なキッチンでパンを捏ね焼かれたと聞き驚きました。

「はな」 #mlJwEkag | URL | 2011/09/03 15:44 - edit

こんばんは~♪

大正末期から昭和初期にかけての建築とは思えない程 素敵な造りですね!
電気の笠にも、ドアノブにも工夫がしてあって、素敵ですね!

半径アーチの飾り窓や勝手口木戸は、とてもおしゃれです。
お台所…パン作りにこの様な大きな台があったら便利ですね!
大正末期から昭和初期にかけて自宅でパン作りをしていたなんて…
優雅で、その頃としては珍しかったでしょうね~

コスモス #8JAbsT0w | URL | 2011/09/03 00:28 - edit

tomoさまへ

tomoさま、こんにちは・・
北白川疏水畔に名建築を残した、米人建築家
ヴオリーズ設計による昭和初期の洋風建築が今も尚瀟洒な姿を見せてくれました。
スパニッシュ洋式の玄関ホールや居間、和洋折衷の様式が至る所に~~

>階段ホールのステンドグラス・・
夕日が射すと辺り一面黄金色に
細やかな心配りが随所に見てとれます
壁面に埋め込まれた収納家具など・・

>お勝手口木戸の丸窓は、素敵ですね~憧れますね
はぁ~~い、私も思わずカメラを~~
さり気無い処にまでの心配りに感動の一日と成りました
ご覧頂き有難うございます

「はな」 #mlJwEkag | URL | 2011/09/01 17:01 - edit

西恋おじんさまへ

西恋さま、こんにちは・・
アメリカの建築家によるアメリカン・スパニッシュ洋式の素敵な建物・・

>階段の踊り場のステンドグラス
別段色付けした物でもなく平凡なステンドグラスですが~~
夕日があたれば周囲一面黄金色に輝く~を計算しつくしたステンドグラスが有りました・・

>今の時代のキッチンとなんら変わらないものが・・
備え付けの食器棚や収納庫・・
此の時代からパンを捏ねる大理石の丸い台・ハイカラな文化生活が其処には~~
観る物総てが素晴らしく大きな感動を受け帰宅の途につきました。

「はな」 #mlJwEkag | URL | 2011/09/01 16:47 - edit

まゆさまへ

まゆさん、こんにちは・・
夏季文化財特別公開と聞き・・
見たい知りたい・・「はな」の野次馬根性が~~出掛けて来ました。
北白川疏水畔の静かな住宅街の一角に・・駒井家が~~
アメリカン・スパニッシュ洋式のハイカラな建物・・
和洋折衷の室内には繊細な心配りが為され・・見るもの総て感動です
淡いパープルのギヤマン取っ手・・夕日により黄金色に輝くステンドグラス・・

ハイカラな奥さまがパンを捏ねられたと言うお台所の大理石の台・・
素敵な調度品などはアメリカから通販で求められていたと聞きました・・ビックリ!!

(お部屋のピアノ当時の価格で1000円だとか~~
素敵な家が一軒買えた価格だそうです・・又もやビックリ!! の「はな」でした)

>時計が2時25分を指してますね。
良くぞお気づき頂き恐縮で~~す
出掛けた時間がバレマシタネ~~笑い


「はな」 #mlJwEkag | URL | 2011/09/01 16:28 - edit

花ぐるまさまへ

花ぐるまさま、こんにちは・・
北白川の白川疏水畔に建つ駒井家・・
時代を感じさせない見事な建物・・
室内の彼方此方にも繊細な心使いがされ
表向きの(大接間)ドアノブには総て淡いパープル色の取っ手や
窓際の長椅子等は作り付けの上、足元には引き戸と成り収納庫が~~
総てにおいて無駄なく・・其れで居てハイカラです・・
此の時代なのに奥さまのご意向で
アメリカから通販で色々な物がお取り寄せされていたそうです

「はな」 #mlJwEkag | URL | 2011/09/01 16:07 - edit

shuho-tさまへ

shuho-tさん、こんにちは・・
早々とお越し頂き有難うございます
大正末期から昭和初期に掛けて建てられた建築物とは、思えない位、近代的で驚かされました
細かい心使いが彼方此方に・・
ハイカラな中にも和風の域が見られ

>現代でも通用しますね
shuho-tさん仰せの通りですよね
ご覧頂き有難うございます

「はな」 #mlJwEkag | URL | 2011/09/01 15:53 - edit

No title

比叡山を一望する位置に建てられたモダンな洋風建築
細かい所にまで心配りの出来た素晴らしいお住まい・・・
室内外で使い分けられるドアノブ・・・こんな細かい所にまで心配りが~(^^

階段ホールのステンドグラス・・・
夕日の射しこむのも計算されているなんて凄いですね~
お勝手口木戸の丸窓は、素敵ですね~憧れますね。

京都の有形文化財・・・滅多に見る事の出来ない建物を
はなさんがいらっしゃるからこそ拝見出来る・・・最高に嬉しいです。
本当に有難うございました。m(_ _)m

tomo #/vpVQlD. | URL | 2011/08/31 22:22 - edit

進んでたんですね

 昭和初期にすでにこういう洋館の邸があったのには、驚きですね。
階段の踊り場のステンドグラスも立派です。勝手口の丸いのは和風という感じですね。
一番の驚きはキッチンですね。今の時代のキッチンとなんら変わらないものがあった
なんてまさに驚きですよ。

西恋おじん #q1wBEWu. | URL | 2011/08/31 09:39 - edit

洋館

大正末期の洋館建築様式を頼まれた学者さんのセンスの良さ、
電気の傘にまで気の配りよう・・・
まるでで宝石のようなドアノブ、手を消毒してから触れないといけないわね。
東山の景色が一望できる書斎、ここで遺伝子を研究されたのでしょうね。
ロッキングチェアー景色を眺めながら頭を癒したりしてたのでしょうか。

この時代から自家製でパン作り、パンを食べる家庭が少なかった時代でしょうね。
私なんか材料を入れるだけでベーカリーにお任せ(笑)
時計が2時25分を指してますね。
心豊かになる画像をありがとうございました。

まゆ #- | URL | 2011/08/31 08:39 - edit

素晴らしい洋風建築

お早うございます
遺伝子学者の駒井卓博士の洋風建築、京都の有形文化財になっているのですね
まずドアのノブのおしゃれに驚きです。細かいところまで手が込んでいて~
そしてクリックするたびに細部が眺められて本当に素敵です
キッチンやロフトまで無駄なく作られている様子がうかがえました
さぞお庭も美しいのでしょう
普段は一般公開されていないのですね
一般公開されていないお屋敷を見せていただき有難うございました

花ぐるま #- | URL | 2011/08/31 08:35 - edit

こんばんは

すばらしいお住まいですね 当時としたら超モダンでしたでしょう 現代でも通用しますね
洋風でいて細やかなものには和風も感じられて住まう人の品格を思います

shuho-t #HjX62DUI | URL | 2011/08/30 22:04 - edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://fm1222.blog64.fc2.com/tb.php/74-6afa65d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。