Admin New entry Up load All archives

日々の新しき出会い

気の向くままに・ぶらり京の街散策・・・

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

CM: -- TB: --   

豊国神社(梵鐘 其のⅡ   

豊国神社(方広寺)の梵鐘(重要文化財)・・

唐門内に見る拝殿と本殿の様子・・
<
(マウスオンで2枚の画像を・・)

秀吉公にちなみ見事な数の「ひょうたん絵馬」や「草履」の絵馬が・・・


<
(マウスオンで2枚の画像を・・)

京都にもあった大仏殿・豊臣家滅亡の口実となった鐘 この豊国神社の地続きに方広寺があります
梵鐘(方広寺) 徳川家康を怒らせ大阪冬の陣の起きたきっかけとなった、「国家安康君臣豊楽」の文字の入った
大鐘が、この豊国神社にありました




梵鐘の天井には、色々な怨念を鎮める様願をこめて描かれ奉納された「天女の図」・・


方広寺の鐘楼にある銅鐘は、高さ4.2メートル重さ82.7トン、知恩院、東大寺の銅鐘と並んで
日本三巨鐘の一つに数えられています。(ちなみに鐘楼底辺部の幅は30センチと聞きました)
<
(マウスオンで2枚の画像を・・)

豊臣家を滅亡に導いたとされることで有名な鐘楼に吊された大きな鐘には、「国家安康」「君臣豊楽」の
文字が残って、今でも見ることができます


方広寺は,かつて秀吉が諸侯に築造を命じた大仏殿を擁した寺として名が残るが,大仏とともにこの寺も,地震,火災,徳川家による解体等に見舞われて,これまた歴史に翻弄され数奇な運命を辿っています
現在,大仏殿という巨大建築物の存在を偲ばせるものは何もなく,境内には鐘楼ぐらいしか目に付かないが,
僅かに表通りの寺の塀にあたると思われる辺りにその痕跡が残されているますが
 巨大な石組みの塀がそれである。その石の大きさたるや,町の中では滅多にお目にかかれない大きさで,
秀吉の権勢の一端とともに,在りし日の大仏様の巨大さも偲ばれます。
 また,この方広寺は豊臣家を滅亡に導いた寺としても有名で、鐘楼に吊された大きな鐘には,
「国家安康」「君臣豊楽」の文字が白ペンキの枠で囲まれ,ハッキリと見る事が出来ます。


これが徳川家康を胴斬りするものとして鐘銘事件に発展、豊臣家滅亡の糸口になったと言われ
この鐘の内部に白い雲のようなものがあり、人が立っているように見え、
淀君の怨みが幽霊になって残ったものと・・今も伝えられております (冊子等参照)

スポンサーサイト

category: 名所、社寺仏閣

CM: 6 TB: --   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。