Admin New entry Up load All archives

日々の新しき出会い

気の向くままに・ぶらり京の街散策・・・

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

CM: -- TB: --   

京都東山、瀧尾神社・・「木彫りの龍・・」 



瀧尾神社
瀧尾神社は大国主命を祭神とする神社ですが、創建年代や由緒についてはほとんど不明ということです
豊臣秀吉が方広寺大仏殿を建立するのに伴い、天正14年(1586)10月にこの地に移って来たと伝えられています

全長8メートルの見事な木彫りの龍です。
江戸時代まで主神として祀られていた弁財天の使いとされる龍の彫刻が拝殿の天井一面を飾ります
顔の部分目が青く、今にも黄金色に輝く玉を掴もうとしています。
(京都市指定有形文化財に指定されています)
sagisou1
1 の上でクリックを・・再度クリックで元の画像に・・)

本殿は、「北山貴船奥院御社」旧殿を移建し一部改築したもので、その前に幣殿、拝所、東西廊が並びます
瀧尾神社の本殿


社殿には豊富な装飾彫刻が施されていて 御幣を持った木彫りお猿さんや狛犬が左右に鎮座ましていました




各社殿には鳥獣等の豊富な彫刻装飾があり、このような装飾は京都市内の神社では珍しいようです。
(欄間には十二支の干支動物が彫られ飾られています)


此方拝殿の天井一面に全長8メートルの見事な木彫りの龍が飾られていました・・


下から見上げた龍の顎辺り・・

京都の豪商・下村彦右衛門正啓(大文字家=大丸百科店前身創業者)は、瀧尾神社を厚く崇敬し
大文字屋(現大丸百貨店)の事業成功は瀧尾神社の神徳のおかげであるとして代々の下村家は社殿の維持管理を
援助し現在の社殿も下村家の援助によって天保十年(1839)から翌十一年(1840)にかけて造営されたものです。



       

category: 名所、社寺仏閣

CM: 10 TB: --   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。