Admin New entry Up load All archives

日々の新しき出会い

気の向くままに・ぶらり京の街散策・・・

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

CM: -- TB: --   

詩仙堂・・ 



詩仙堂・・ 曹洞宗大本山永平寺の末寺 (石川丈山が終の棲家として造営した庵・・)
大坂夏の陣では、勇躍先登の功名を立てましたが此の役を最後に徳川家を離れ京都にて、
文人藤原惺窩に朱子学を学び寛永十八年(1641)五十九歳で詩仙堂を造営し没するまで三十余年
清貧の中聖賢の教えを自分の勤めとし寝食を忘れ之を楽しんだそうです。
丈山は隷書、漢詩の大家で煎茶(文人系)の開祖でも有ります。寛文12年(1672)九十歳の天命を終えた。

小有洞の門をくぐり参道を登ると老梅関の門、凛とした姿の嘯月楼の姿が・・
<
(マウスオンで2枚の画像を・・)

障子の向こうには嘯月楼前庭が・・

嘯月楼室内から眺める百花塢の様子・・
今頃は少し色付き始めた紅葉が見られるかも・・

お庭から見る嘯月楼の様子・・
綺麗に刈り込まれた皐月越しに見る嘯月楼・・

静かな庭園に「しし脅し」の音がカァ~~ンと響き渡ります
水をイッパイ湛えるしし脅し・・

sagisou1
1 の上でクリックを再度クリックで元の画像に・・

<
(マウスオンで2枚の画像を・・)

杜鵑が可愛い姿を・・
(サムネイルにマウスを・・タグはSakura様にお借り致しました。有難うございます)


       

category: 名所、社寺仏閣

CM: 16 TB: 0   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。