Admin New entry Up load All archives

日々の新しき出会い

気の向くままに・ぶらり京の街散策・・・

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

CM: -- TB: --   

祇園祭 其の1・・鉾建ての様子・・ 



祇園祭

祇園祭の歴史・・
   今からおおよそ1100年前の清和天皇の貞観11年(869)に、京洛に疫病が流行し、
祇園社を信仰し病魔退散を祈願し日本全国の国の数に準じ66本の鉾を作り其れを京の庭園と言われた
神泉苑に送り悪疫を封じ込む御霊会を行ったのが始まりと言われています (冊子参照)

今年も7月1日の吉符入(祇園祭の幕開けを告げる行事)を皮切りに
長刀鉾町お千度 長刀鉾町の稚児達がお祓いを受け祭の無事を祈り八坂神社へお参りします
吉符入が済みますおと二階囃子各町会所の二階で祇園囃子の稽古が始まります
長刀鉾町吉符入稚児舞い披露等が行われます・・

イヨイヨ7月10日から鉾建てが始まりました・・今年も梅雨明け後の猛暑の中での作業です
各鉾町では、10日から順次鉾建てが始まります・・
専門の作事方さん達により釘は一切使わず縄だけで組み立てる「縄ぐみ」と言う
伝統の手法により組み立てられます
(鉾一基当たり用いられる荒縄は、全長5キロ位使用されるそうです)

見事な「縄がらみ」筋交い柱の中心に舞う「蝶」・・(月鉾にて・・)

筋交いの間に舞う雄蝶と雌蝶・・
右側が雄の蝶、左側が雌の蝶です。
(オスは、鉾の前面と後面、メスは鉾の左右の面に作られます)

縄がらみの様子・・

cats2.jpg


縄ぐみで組み立てられた櫓は真木を建てるために道路上に寝かされます
真木を支える優美な曲線を描く4本の禿柱・・

真木を支える禿柱・・

真木に取り付けられる大枝9本の「榊」と9この「しゃぐま」・・

真木を飾る榊やしぐま・・

真木を取り付けられた後大縄で引かれ引き起こされます 鉾は最大で重さ12トン、高さ25メートルも有ります
榊に御幣が付けられたと御神体を社から鉾へお移しして鉾が立てられます・・

<
(マウスオンクリックで鉾が立てられる様子をご覧頂ければ・・)

無事に鉾が立てられ周囲からは拍手が起こります
(マウスオンで2枚の画像を・・)
櫓に取り付けられている2本の大梃子は、其の後慎重に外されます・・

<


直ぐ近くで立ってられている「函谷鉾」では一足早く床台や屋根等が取り付けられて居ました

早々と屋根部が・・

再度、月鉾まで戻ってみますと・・此方も既に車軸を支える石持が据えられ台座が取り付けられて居ました。

<

(マウスオンで2枚の画像を・・)


       
スポンサーサイト

category: 祭り

CM: 22 TB: 0   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。