Admin New entry Up load All archives

日々の新しき出会い

気の向くままに・ぶらり京の街散策・・・

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

CM: -- TB: --   

時代祭、其のⅡ 

室町洛中風俗列(室町時代)
16世紀、室町時代後半経済力を蓄積した京の町衆によって盛んに催された風流踊り・・風流傘を中心に囃子方踊り手で構成され、風流踊は全国各地に伝わり色々な芸能を生み出すと共に
江戸時代以降の盆踊りの原型と成ったそうです。
<
(マウスオンで2枚の画像を・・)
中世婦人列 (鎌倉時代)
大原女列、洛北大原の女人が薪や炭を売り歩く姿


楠公上洛列が続きます・・

平安中期以後、藤原氏盛時における文武両様の姿・・当代のものだそうです


平安時代婦人列へと~(先斗町の芸者さん達、綺麗どころが受け持たれています)

巴御前・・木曽義仲の寵愛を受け義仲没後尼となったと言い伝えられています。


凛々しい巴御前の馬上姿・・


輿に乗られた「清少納言と紫式部」


旅姿の「横笛」(建礼門院の雑仕女で斎藤時頼と恋に落ち嵯峨へ時頼を訪ねて行く姿)


常盤御前(源義朝の夫人、義朝亡き後、三児を連れ六波羅に名乗り出るところ)
<
(マウスオンで2まいの画像を・・)

小野小町


和気広虫(和気清麻呂の姉で慈悲深く多くの孤児を養育した人)


チョットおまけの画像です・・(子供たち少々お疲れの様子で~す)


延暦武官行進列(延暦時代)へと~~
本列に大将に当たるものは、蝦夷大将軍坂上田村麻呂を擬したものだそうです
<
(マウスオンで2枚の画像を・・)



イヨイヨ最終列に近づき此の後、延暦文官参朝例と続きますが私用の為、最後まで見学が出来ず・・
席を後に致しました。長々とご覧頂き有難うございました。


スポンサーサイト

category: 祭り

CM: -- TB: --   

時代祭・・ 

秋晴れの清々しい陽気の中、京都三大祭りの一つ「時代祭」が繰り広げられました。
明治維新から平安時代まで、各時代の風俗を身につけ全長2キロの道のりを約二千人の行列が京都御所の建礼門前をを出発し平安神宮までの道のりを進みます~~



名誉奉行列の馬車が晴れやかな知事と市長のお顔も窺う事が・・

<
(マウスオンで2枚の画像を・・)

幕末の維新志士列・・
維新勤王隊列の「ピーヒャラ、ラッタッタ」軽快な笛や太鼓を奏でながら行進です。
<
(マウスオンで2枚の画像を・・)

七郷落の人々の列が・・
<
(マウスオンで2枚の画像を・・)



江戸寺時代「徳川城使上洛」
<
(マウスオンで2枚の画像を・・)

<
(マウスオンで2枚の画像を・・)



江戸時代夫人列
「皇女和宮列」・・「吉野太夫、出雲の阿国」の姿も・・
<
(マウスオンで2枚の画像を・・)

豊臣公参朝列・・(安土・桃山時代)


羽柴秀吉公・・


織田信長公・・


柴田勝家公と続きます・・

羽柴秀吉、織田信長・列が続きますと道路向こうの小学生の席から
歓声が上がり大きな拍手や声が掛かり・・凄い人気・・です
室町時代からは、次回へと続きますが・・ご覧頂けると嬉しいです・・


category: 祭り

CM: -- TB: --   

祇園祭巡行・・ 

祇園祭鉾巡行
祇園祭のハイライト山鉾巡行が梅雨明けの空の下午前九時、豪華な懸装品で整えられた山鉾が長刀鉾を先頭に祇園囃子を奏でながら各鉾町を出発し都大路を進みます。今年は142年ぶりに大船鉾が唐櫃での巡行に加わりますので総勢33基の参加と成りました。

巡行が始まる頃には気温もうなぎ昇り32度超え人の波も増していきます コンコンチキチ、コンチキチン軽やかに祇園囃子が音頭取さんの「エンヤラヤー」の掛け声と共にくじ取らずの長刀鉾が大きな巨体(約11トン)を曳かれながら鉾町を出発・・です



長刀鉾では、早速稚児の舞いが・・


(巡行中、鉾に寄り添い歩かれる、お稚児さんのお母さまの心配げな姿が見かけられました)

鉾から身を乗り出し優美に舞うお稚児さんの姿に沿道から拍手が・・

<
(マウスオンで3枚の画像を・・)

続いて一番くじを引いた郭巨山、霰天神と続き




四条通りの堺町では「くじ改め」が行われ、裃姿の正使が古式にのっとりくじを奉行役(京都市長)に示します

<
(マウスオンで2枚の画像を・・)

蟷螂山の屋根にはからくりが仕掛けられカマキリが首を振りながら羽根を広げ観衆の喝采を浴びます



祇園囃子を奏でながら目の前を優美な姿の函谷鉾が通り過ぎます・・

<
(マウスオンで2枚の画像を・・)

動く鉾の下方では、車方さん一瞬の気の休まる間も無く車輪の調整に大忙し・・



カンカン照りの中、四条通りを進む月鉾・・青空の中にきらりと輝く鉾頭・・
(この頃には気温もうなぎ昇り、37度近くまで~~)

<
(マウスオンで2枚の画像を・・)

鉾の屋根上で暑さもものとせず頑張る屋根方さんの姿・・



放下鉾・・稚児人形が乗せられ三人の人形方さんにより鉾の上で滑らかな人形舞を披露が繰り広げられました・・

<
(マウスオンで2枚の画像を・・)



岩戸山の後に船の形をしている軸先には金色の鷁、船尾には飛龍文の舵を付けた船鉾・・

<
(マウスオンクリックで3枚の画像を・・)

山鉾33基の「しんがり」を務めた大船鉾・・幕末の大火で鉾を失い巡行に参加する事が出来なかったのです
142年ぶりに大船鉾の唐櫃巡行参加です・・鉾の再建は道半ばですが・・今回の巡行で大きな一歩を歩まれました

嬉しい大船鉾の唐櫃巡行


巡行から少し日が過ぎましたが・・
今回は、見学場所の都合で四辻での「辻回し」をお見せする事が出来ず残念です・・
長々とご覧頂き有難うございました。

category: 祭り

CM: 14 TB: --   

祇園祭宵宵宵山・・ 

明日はイヨイヨ山鉾巡行・・今夜は宵山、今頃は凄い人々の列が続いている事でしょう

宵宵宵山の様子・・
人出が多くない間にと夕刻早めに出掛けました。
京都中心部には山鉾が勢ぞろいです・・駒形提灯に灯が入れられコンチキチンのお囃子の音が聞こえます







此の後、四条通りは歩行者天国へと・・成り通りは人々であふれました。



鉾の上ではお囃子が始まりました。「コンチキチン・・」心地よい音色が周囲に響き渡ります

<

(マウスオンで2枚の画像を・・)
今にも降り出しそうな空模様・・急にパラパラ・・と~残念でしたが大慌てで帰宅の途に~~つきました。

宵宵宵山の人出は25万人、昨日宵山の人出は、29万人と聞きました。
今宵の宵山・・キット大勢の人々で大賑わいだと思いながら・・出掛けずにお留守番です・・

category: 祭り

CM: -- TB: --   

祇園祭、始まった鉾建て・・ 

祇園祭の鉾建てが車の往来の激しい四条通りで始まりました。
長刀鉾、函谷鉾、月鉾、鶏鉾の4基、其の後11日には放水鉾、船鉾、と続きます
今日は午後から天気も下り坂とか・・心配したお天気も何とか持ちこたえてくれお天気に感謝、感謝です
(鉾の組み立てには、釘などは一本も使われず熟練の仕事方さん達により総て手作業縄手法で組み立てられますこの手法を「縄がらみ」と言います)

真木を建てる為に道路に寝かされた「長刀鉾」の櫓


櫓を建てる準備が始まる・・



見事に組まれた長刀鉾櫓の「縄がらみ」・・真木が宙で弧を描きながら建ち上がって行きます
<
(マウスオンクリックで3枚の画像を・・)



見事に建ち上がった「長刀鉾」・・其の時周りの人々から大きな拍手が~~


真木に施された見事な「縄がらみ」と大きな「しぐま」と「榊」真木の上部には御神体が入られる「天王台」
其の先端には「鉾頭」・・マウスオンクリックでご覧下さい・・
<


函谷鉾では早、屋根が取り付けられていました・・
<
(マウスオンで2枚の画像を・・)

矢張り帰りにはお気に入りの「月鉾」さんへ・・
<
(マウスオンで2枚の画像を・・)

今年も月鉾の雄蝶、雌蝶の見事な「縄がらみ」を拝見する事が出来ました・・


菊水鉾町の民家の軒下には、大きな大きな車輪が・・


明日(12日)は、縄がらみされた櫓には絢爛豪華な飾りものが施され曳き初めが行われます・・

category: 祭り

CM: 8 TB: --   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。