Admin New entry Up load All archives

日々の新しき出会い

気の向くままに・ぶらり京の街散策・・・

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

CM: -- TB: --   

梅宮神社の様子 etc. 

梅宮神社・・

拝殿の前には可愛い巳の絵馬が奉納されていました(樽の中には、古いお札さん等が納められて居ます)
<
(マウスオンで二枚の画像を・・)

冬枯れで少し寒そうな感じの・・池中亭茶室「芦のまろ屋」嘉永四年健築・・


咲耶池で寒さもものとせず元気に泳ぐ鯉が・・
<
(マウスオンで2枚の画像を・・)
池の傍では、素敵な赤い椿が一輪・・
<
(マウスオンで紅白の椿を・・)

真っ白な清楚な姿の水仙が・・
<
(マウスオンで2枚の画像を・・)

<
(マウスオンで2枚の画像を・・)

2種の蠟梅のお花が咲き始めていました。
sagisou1
(画像上openでクリック再度クリックで元の画像に・・)

< < < < <

社殿奥の茂みの中に大きなアオサギが姿を現しました・・クリックで勇壮な姿を・・
sagisou1
(画像上openでクリック再度クリックで元の画像に・・)

スポンサーサイト

category: 名所、社寺仏閣

CM: -- TB: --   

妙蓮寺の御会式桜と山茶花・・ 

妙蓮寺の御会式桜・・

昨年修復が行われ美しいく成った本堂の直ぐ傍に今年も淡いピンクの可愛い「御会式桜」が咲きだしていました

<
(マウスオンで2枚の画像を・・)



御会式桜、日蓮大聖人が御入滅された十月十三日前後から咲き始め翌四月八日のお釈迦さまご誕生のころに満開に成る珍しい櫻です。日蓮大聖人が御入滅に成られた時、開花したという言い伝えが有るそうです(冊子参照)
< < < < <

(サムネイルにマウスを・・)

本堂前の生垣には真っ赤な山茶花のお花が・・


松の枝に止まりお食事中の鳥さんをチョット失礼してパチリ・・


寒々とした冬空に映える赤い山茶花のお花に暖かさを頂きました。
<
(マウスオンで2枚の画像を・・)

category: 名所、社寺仏閣

CM: 10 TB: --   

日向大神宮(京のお伊勢さん)・・ 

日向大神宮(ひむかいだいじんぐう)・・(日向大神宮は“京のお伊勢さん”とも呼ばれています)

京の伊勢として・・ 京都最古の宮で、古くは日向宮、日向神宮、粟田口神明宮、日岡神明宮とも称し 社殿は
神明造で、内宮、外宮が奉斉され「京の伊勢」として名高く 昔は東海道を往来する旅人たちの道中の安全祈願、
伊勢神宮への代参として多数参拝がありました
神社の入口の一の鳥居のところが粟田口(京の七口の一つ) に当たり、弓屋、井筒屋、藤屋という京では有名な茶屋があって、旅人たちの送り迎えが 行われ大変賑わったそうです(冊子参照)

一の鳥居を過ぎ登り口を少し行きますと浄水場(インクライン)が目に入ります・・
<
(画像にマウスを・・2枚の画像が・・)

水辺を右手に眺めながら二の鳥居をくぐり細い参道を約10分位歩みます


三の鳥居の向こう大きな巨木に囲まれた木立の中、外宮・・ 其の奥一段高く成った鳥居の向こうに・・内宮(上ノ本宮)が・・


厳かなげ雰囲気の「外宮」「内宮」・・をマウスオンクリックで・・
<
(マウスオンクリックで3枚の画像を・・)



境内では、色とりどりの木々の紅葉を楽しむ事が出来ました
< < < < <
(サムネイルにマウスを・・)

見上げる様な古木・・山道が続きます・・

本宮参道の途中で見かけた「天岩戸」・・
境内にある天の岩戸をくぐり抜けると 罪穢れが払い清められ、
福を招くといわれ 「ぬけ参り」と呼ばれています。


池の水面を染める散りモミジと・・可愛い一片の散り姿・・
<
(マウスオンで2枚の画像を・・)
(UPするのが少し遅く成りました事お許し下さい・・)


少し早いですが・・今年のブログ納めとさせて頂きます
今年一年色々お付き合い頂き有難うございました・・m(__)m

みなさま素敵な新年をお迎えに成って下さいませ・・

来年も宜しくお願い致します・・「はな」

category: 名所、社寺仏閣

CM: 8 TB: --   

西本願寺の大イチョウ・・ 

真っ黄色に紅葉した「大イチョウ」ご門の屋根に映えます・・


本堂や御影堂前の大イチョウは今年も綺麗な黄葉を見せてくれました。
< < < < <
(サムネイルにマウスを・・)

京都市指定の天然記念物「大イチョウ」・・
根っこを天に広げたような形から「逆さ銀杏」とも呼ばれる樹齢約400年の大銀杏は、
京都市の天然記念物に指定されています。
本願寺に火災があった時、この銀杏から水が噴き出して消し止めたという伝説から、
「水吹き銀杏」とも呼ばれています。(冊子参照)


境内の東南に有る国宝「飛雲閣」・・
非公開なので中の様子を窺い知る事が出来ませんが塀越しに見える素晴らしい「梵鐘」・・
チョット背伸びして覗き見致しました。


<
(マウスオンで2枚の画像を・・)



大きなハスの蹲から清水が滴り落ちます・・




UPするのが遅れ今ではもう随分散り始めておりますが~~ご容赦下さいませ・・ご覧頂き有難うございます

category: 名所、社寺仏閣

CM: 8 TB: --   

智積院の紅葉・・(京都、東山) 

智積院の紅葉・・
境内至る所見事な朱色に染められて居ました。




< < < < <
(サムネイルにマウスを・・)

<
(マウスオンの後クリックで3枚の画像を・・)

本堂横の裏山への道には、真っ黄色に紅葉したイチョウの葉が・・


朱色に染まる境内の中に真っ黄色に紅葉したイチョウの葉もトッテモ落ち着き綺麗でした。
<
(マウスオンで2枚の画像を・・)
緑の苔の上に散らばったモミジにもチョット悪戯を~~ズーミングして見ました。


category: 名所、社寺仏閣

CM: 6 TB: --   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。